こんにちは こちらはきままに好きなこと(BLの雑感だったり、ネタバレあります)をつづっているブログです
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
宇田川町で待っててよ。 秀良子
自分にとってのひさしぶりのBL、1年振り?で、こんなにおもしろくて萌えた作品に出会えて嬉しい!
それにしてもその1年の間に1冊もBL読んでなかったことにもびっくり、何してたんだろう(笑
はい、そんなわけで秀良子さんです
わりと最近刊行されたのかな?と思います
このお話は、たぶんonBLUEで(創刊だけ買った記憶)読んだときから気になってはいて読み返してた記憶はあって、何となく続きがあるとは聞いていたのですが、これは本当に良かったです!
表紙のセンスもすてきですね〜きみどりとピンクの色合いが本当にかわいい
表紙がすてきすぎて惹かれたのもあった
宇田川町ってところもすてき、これが西麻布とかだと一気にバブリーな匂いがしちゃうよね、とか話してました(笑
これは、本当に好みな設定でした
二人がゲイではなくて、ちゃんと男子っぽい普通の(ちょっとおかしいけどね笑)感覚があって、自然体で、でも好きになる
最初からBLでうたっているので、わりとノーマル男子同士が恋しちゃうのが好きです
そのノーマルな感覚の二人がもどかしく恋しちゃう感じがおいしいです

このお話の受けの八代は、元カノの趣味?で、女装をさせられてから、その彼女と別れてもそれでも女装は続けて街に行ったところをクラスメイトの攻めの百瀬に見られてしまう、というところから発展していくお話だったりします
ようは百瀬は八代に一目惚れだったのかな、と
それでぐいぐい八代にいく百瀬に、それがこわいと思う八代
百瀬は最初から気持ちがストレートでわかりやすい、でもそれにほだされていく八代?
八代をかわいいという百瀬に、八代はたぶん嬉しかったんじゃないかな〜
たぶんじゃなくて嬉しかったからこわかったのもあって
かわいいとか言われたい男子もそれってノーマルじゃないのかよくわからないけど、ストレートに気持ちぶつけられたら、まあよほど嫌いな相手じゃなければ嬉しいよね
で、そのだんだん百瀬にどきどきしていく八代がかわいい!これがたまらない!
これってそれにつきるんじゃないかと言っても大げさではないほど、というかどうしても受けに肩入れして読んでしまうので、そのため受けが好みじゃないと読めないのもあって
で、それを秀さん独特のスタイリッシュなセンスで描かれているので、あっさり淡々とした中にきゅんと切なさもあって、
本当に秀さんの描かれるスタイルが好きだな〜と改めて思いました
二次では読めないことが多かっただけに商業で萌えられて本当に嬉しい
もう本当に萌える
八代が恥ずかしくて赤くなるところがえらい萌えますよね、百瀬じゃないけどかわいいと思う
あんな顔されたらたまらないものを覚えますよね
やっぱり八代は女子っぽさがあるこなんだろうな〜と自分でも薄々気づいていたけど
こう、隠してた部分が百瀬によって明るみになっていく、みたいな展開にどきどきする
百瀬は天然タイプなので、何とはなしに言った本音がぐさっとくる
八代って本当にいまどき男子なのにかわいい、いまどき男子がこんな感じだからなおときめくのかな
あ、そうだ、八代の女装があんまりかわいくないところがかわいいというかそれがまたこのお話のポイントでもあったり、わりと普通の男の体型なのが笑っちゃうけど、百瀬にとってはかわいいんだもんね
あ〜なんだかすっごく萌えてしまっていつもにもましてとりとめのない雑感になってしまいました
とにかくこれはおすすめです!
BL漫画 comments(0) -
町でうわさの天狗の子 10
おひさしぶりの感想は、待望の最新刊!の町でうわさの天狗の子です
いつも淡々とした流れのなかにおもしろさとときめきがあって、感動して、今回は特に動きがあって、いろんなひとたちの言葉や気持ちに涙が止まらなくなりました
そんなわけで1巻から読み返してしまうほどでした
本当におもしろかったな〜
瞬ちゃんとたけるくんとか、秋姫と瞬ちゃんとか、秋姫と五郎坊とか
その中でも一番泣いたのは、秋姫と三郎坊かな〜想像しただけでも泣けてくるとか
声出して泣きそうなくらいあれは来ました ずるい 三郎坊ってずるい
三郎坊は赤沢さんとデート中なのに、それなのにいつも良いところを持っていくというか持ってかれるというか
普段はちょっとドライでクールで突き放したタイプの三郎坊だからなおさらそうに感じました
いつだって三郎坊は突然落としてきますよね、その言葉に本当に弱い
それと、少しだけど、三郎坊と五郎坊って特別な感じがあるのかなと感じたり
何たって五郎坊は瞬ちゃんが見つけてきた眷属だからね、と思ったりしたのですけど
それにしても三郎坊ってかっこいい、好き好き、なにあれ本気でずるい(笑
もしかしてたけるくんの次に好きかも、それはないかな、次は瞬ちゃんかな
秋姫もでも好き あ、じゃあ次あたり?
ていうか眷属みんなかわいいですよね、みんなそれぞれ個性的で好きです
新しく登場した十郎坊だって瞬ちゃん思いで泣きそうになったし、みんないろいろ言ったってお山を愛しているんだな〜というのが感じられて
六郎坊と七郎坊も出てきましたね、まさかまさかのお姉系だとは(笑
秋姫の秘密も明かされたりして、ちょっとクライマックスなの?とか切なくなりながら
本当に楽しかったです、わかりきっているけどでもあえてとってもおすすめなのでぜひに!
一般小説/漫画 comments(0) -
touch me
おひさしぶりのブログになってしまいました
前回はいつだったかな?と記憶に忘れてしまうくらいですよね、あ、4月ですね
いろいろあったようなそうでもないような、そんな日々を過ごしながら、とうとう、ではないけど、萌えてはいけないジャンルにはまってしまいまして、もちろんサッカーは未だ健在なのでそれももちろんだめなのは変わらないのですけどね(笑
とはいえ、まやが結婚してしまって少し落ち着いてしまった感はあったりなかったりで、でもニュースで見かけるうっちーはかわいくてどきどきしてます
あの可憐さは一体どこから来るのかな〜とか
はい、それでですね、ずっと何年も応援していた野球にはまってしまいました
もうこれだけは萌えないだろうとずっと思っていたのですけれども、なぜか急にどかんと落っこちてきまして、いやなにこれずっと抵抗してたのにそれをさらっと超えていく萌えが
わ〜これはもうこっそりひっそり楽しみたいと思います
こんな気分、Jなこたちを追いかけてたとき以来でもう自分でもびっくりです
というかそんな体格のひとまで?とかのびっくりもありながら、いやいちばんの自分の驚きはそこだと思うのですけど、細くてなんぼの世界で生きてきたので(笑
まあそうは言っても日々楽しく過ごしています(笑
けど、オフシーズンに入ってしまったのでちょっと寂しくもあり、あ、でも海外サッカー組はそろそろこちらに帰ってきたりして、テレビ出演も増えてくるのかな?とかの楽しみもありながら
そんなこんなで、商業BLも全然読んでなくて、いま何が人気なのかとかわからなくなってます
そのうちこちらのブームも落ち着くと思うので、とか言いながら芸人さんブームから考えるとちょっと長いような?

あとは、東京へ遊びに行ってひさしぶりの友人と遊んだりとか、京都へ紅葉を観に行ったりとか、macに買い替えたとか、どうやら私のmacへの愛情が気持ち悪いと評判とか(笑
年末は両親が遊びに来るので、大阪と京都へ案内しようかなとか
あ、そうそう、最近はファストファッションがお気に入りです!
もちろん、ドゥーズィエムとかデプレとかは大好きで健在だけど、H&MとかZARAとか覚えて、まだ小物しか買ってないけど、そろそろ洋服とかも買いたいと思ってたりします
パンプスとかは手頃でかわいいのがいっぱいあるのでぜひ!と思ってます
ていうか、きっかけは、レオパードのストールからなんですけど、何となく秋くらいからレオパードブームなので
とかそんな感じで、また気が向いたらブログ書きたいと思います
雑記 comments(0) -
星の彼方

京都へお花見に行ってきました〜
引っ越して一番良かったことは、何と言っても京都が近くなったこと!だと思ってます
良い季節に京都へ行ける距離感はとっても魅力的です
そのため普段なら行かないであろう桜の名所でもある平安神宮と京都御所へ行ってきました
雅楽の演奏も聴くことができて、桜も満開ではなかったけど、とってもきれいで心が洗われる気持ちでした
老後は京都に住みたいな〜とか思ったりもしながら、まあ東京に戻りたい気持ちも
来月のGWは両親が遊びに来るので京都へ再び訪れたいと思ってます
京都大好き〜
あとは、万博記念公園へお弁当作ってお花見に行ったり、実はお弁当持ってシート敷いてお花見したの初めてで、そういう自然な遊びも楽しいな〜とか東京を離れて感じたりしてます
桜はもちろんきれいに咲いていて、チューリップもきれいで自然と触れ合うのって安らいだ穏やかな気持ちになっていいな〜とか
単に年取っただけかもしれないけど(笑
2回めの太陽の塔にも愛着わいてきました、見ているうちにかわいさを感じてきますね、大きいけど
こうやってどんどん欲が薄れていくのかな〜とか日々感じながら、全然BL欲もわいてこないので不思議です(笑
まあ、オリエンタルな二人を見るとそれなりにどきっとするけど、自己完結してしまう感じでもあるかな〜
とは言ってもこれを繰り返してまた突然萌えはおそってくるものですよね〜
生まれ持った?そんなことはないけど、性なので

雑記 comments(0) -
気分上々 異国のおじさんを伴う
森 絵都
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,575
(2012-03-01)

何だか普通の本を読みたい気分になって、そうだ森絵都さんとかひさしぶりにどうかな?と、手始めに読んだ永遠の出口がストライクで、立て続けに何冊か読んだので記録的に羅列してみます

気分上々
異国のおじさんを伴う
永遠の出口
アーモンド入りチョコレートのワルツ
つきのふね
ラン
リズム
ゴールド・フィッシュ
いつかパラソルの下で(再読)
風に舞いあがるビニールシート(再読)

とにかくどの作品を読んでも泣けるのは、本当に自分が好きなテイストがちりばめられているからなのかなと考えてみたりも
森絵都さんが描く言葉や世界観、決しておしつげがましくない、くどくない、でもあっさりしすぎていない絶妙の人と人との距離感が、今の気持ちにすっと入ってきて、いろんなシーンで気づいたら泣いてました
共感とか共鳴とかそんなたいそうな気持ちではないのだけど、自然と涙が溢れてくるフレーズがポンと飛び込んでくる感覚かな〜
来る?来る?とかよりも突然うわってくるフレーズもわりとあったりで
そんなわけではりきっておすすめしたいです!おもしろかった!

一般小説/漫画 comments(0) -
近くにいても

ひさしぶりの東京へ行ってきました〜
引っ越してから初めてなので、半年以上?わ〜
で、東京はやっぱり楽しくて大好きな街だな〜と改めて感じました
いずれまた戻ってきたいな〜と思います
そうそれで、東京への一番の目的は美容室です!
これだけは譲れない(笑)こちらでもトリートメントとかしながらお茶を濁していたけど、やっぱりもうどうにもならなくて、火曜に思い立って土曜に行くみたいな強行スケジュールで行ってきました
そのわりに良いホテルに泊まれてリッチな気分も味わえてうれしかったです
そしてそして、10年近くロングにしていた髪をばっさりボブにしてきました
今の美容室に通い始めて7年目だと思うのですけど、それは美容師さんもびっくりしてました
あれだけロングにこだわっていて、絶対短くはしないと言っていたのに、いや、ここ最近の老いを目の当たりにして、もう年齢的にロングはやばいだろうということで思い切って
こだわっていたときは絶対に切るもんかという頑なな心だったのに、切るとなったら未練なんて全然感じないものなんですね、びっくり
むしろ早く切ってくれくらいの勢いで、不思議なもんですよね〜
あのこだわりは何だったの?みたいな
あとは浅草行ってお気に入りのぬいぐるみを買って、イタリアンでランチして、そんな感じであっという間に終わってしまいました
また、近いうちに行けたらな〜と思います
今度は、アテスウエイとマンダリンのビュッフェに行って、できれば東京の友達に会いたいです!
何度も誘われているのになかなか予定も合わずで今度こそは

あとは、近所に新しくできたフレンチへ行ったり、しあわせのパンを観てあたたかい気持ちになったり、大泉洋のかっこよさに今さら気づいたりとそんな感じです
はい、そして恒例のオリエンタルな彼らのことは続きに書いてます

続きを読む >>
雑記 comments(0) -
線でつなぐ

黄金を抱いて翔べが映画化と聞いて、久しぶりに読み出しています
かれこれ10年以上前とかに?え、そんなに経つのかとちょっとびっくりで、それが読んだのが最後だと思います
当時、高村薫とか京極とか有栖川とか流行っていて、わりとその波に乗って読んでいたのですけど、高村薫に関しては、合田シリーズが大好きで、読んではみたものの実はあまりピンと来なかった作品だったりなので、今読んだら逆にまた違った感想を持てるかもしれないと思いながら懐かしんで読んでます
多分、弟の春樹が好きだった記憶はあるのですけど
そうそう大阪が舞台なんですね、当時は全然土地勘もなくて、その辺も今は楽しめるかな〜と
読書するにしても心の余裕とかないと、落ち着いて読めないタイプで、頭の中に他の何かがあると、あちらこちらに飛んでいってしまって、BLですら読めない状況だったりして
それで、頭を使わないテレビばかり見てしまう、そんな今の私にはオリラジな二人がストライクなのかも(笑
ということで続きに書いてます

続きを読む >>
雑記 comments(0) -
プール/それでも恋するバルセロナ

プールは、ゆったりたゆたうような静かな映像とやわらかいあたたかい音楽のコラボがとっても良かったです
泣きました

それでも恋するバルセロナは、わりと期待して観てしまったところがあって、勝手な想像とちょっと違ったので、あれれな感じで、アバンチュール的なひと夏の、みたいなそんなノリだと思います
というより、そんなに惚れ込まれる男だったかに終始してしまった気がしました
タイプなんて人それぞれだよな〜と改めて感じた映画だったかも

film comments(0) -
永遠なる無限

野球がオフシーズンというのもあって、今シーズンのドラマはわりと見ていて、そしてどれも楽しい!
ラッキーセブン、ハングリー、聖なる怪物たち、ストロベリーナイト、運命の人
ラッキーセブンは、とにかくアクションが良い!かっこいい!
まつじゅんとえいたくんのケンカシーンとか迫力あってすごい!
えいたくんのあの動きは本物なのかな?
あの動きがたまらない、そしてなにあれ萌えさせようとしているような気がしてならないけど(笑)二人ともなんとなく萌えずらい、けどえいたくんは好き
だってあんな感じで利口なのとかずるい萌えるタイプなんだけど、やっぱり(笑
ハングリーはむかいくん目当てで見ようと思って初回見忘れたけどそれでもおもしろかったです
何しろ食事がおいしそう 器もすてき 
とにかくおいしそうなのと、むかいくんはもちろんかわいいけどみうらくんの愛らしさにも注目してます
若タッツに似てるとか勝手に思いながら見てると楽しいです
聖なる〜もおかだくん目当てで見始めたけど、おもしろかったな〜
ストロベリーナイトは、スペシャルのときにちょっと設定とかがちゅうにっぽかったと聞いてどうかなと思ってたけどわりとおもしろかったのと、にしじまひでとしがかっこいい!
スーツがすてきです!
たけうちゆうこきれいですごい!たけだてつやもいい感じ!

そんな感じでオリエンタルな二人のことは続きに書いてます

続きを読む >>
雑記 comments(0) -
seventeen

「永遠の僕たち」と「けいおん!」を観てきました〜
二本立てで観たのですけど、頭切り替えるの大変そうなセレクトじゃない?と言われて、わりとそんなことはなく、どちらも切り離して楽しめたかなと
ある意味で違ったタイプのほうが良いのかもしれないとか
どちらも似通った感じだと一方的になってしまって、そう、で、どちらも感動的で泣いてしまいました
永遠の〜は、死を扱った映画だったのですけど、テーマが最初からそれなので、逆に良かったかな、わりと救い、というかその中での幸せというか
まあでも、ガスヴァンサント監督は男女の恋愛にしてもやっぱりどこかで男子同士を追い求めてしまうのかなというヒロインがボーイッシュな子でした
そして男の子は相変わらずイケメンでかわいらしい子だった
珍しく?ラブラブな感じで、期間付きの恋だったからかもしれないけど、ほほえましかったです
加瀬亮も出演してたのですけど、隣に座ったかたの食いつきようがおもしろかったです
画面に映るたびに前のめりになって興奮した様子でうなづいたりしていました
そうなの、ガスヴァンサント監督の映画の客層にしてはちょっと年配の女性とかが多くて珍しいな〜とかよくわからないなりに思っていたのだけど、加瀬亮ファンのかたとかもいたのかもしれないですね
そして、けいおん!は、そう実は、大切なiPhoneをなくすという騒動にあって(笑)、まあ笑い事ではなかったくらい焦ってしまって、スタッフに聞きまわって、アップルに電話して、でも案外そういうのって近くにあったりするの典型で、劇場の自分の座っていたソファに挟まっていたというオチで
かばんからするっと落ちたみたいで、それで最初の30分を見損なって、すでに卒業旅行がロンドンに決定していたという
それでも、みんなで演奏するシーンとかはやっぱり何度見ても感動する、演奏してるシーンが本当に好きだな〜と
今回はあずにゃんとの別れだったので、あずにゃんかわいいを堪能できたけど、それでもみおちゃんを追ってしまうのはみおちゃんが好きなんだな〜と改めて思ったりしました
エンディングのみおちゃんとかすっごくかわいくて好きだった!
けど、エンディングはみんなかわいかったけどね、映画終わった後に女子が興奮気味に前髪下ろしてるりっちゃんのかわいさやばいと言っててそれはかなりうなづけました

続きを読む >>
雑記 comments(0) -
| 1/34 | >>