こんにちは こちらはきままに好きなこと(BLの雑感だったり、ネタバレあります)をつづっているブログです
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
他人同士1〜3 秀香穂里
評価:
秀 香穂里
徳間書店
¥ 570
(2008-09-25)

内容紹介
1巻
最新の流行を扱う大手出版社の情報誌『エイダ』―。浅田諒一は自他共に認める敏腕編集者だ。ドライな恋愛が信条のゲイだけど、家を追い出された年下のカメラマン・田口暁と、期間限定で同居することに!!仕事相手とは寝ないと決めていたのに、筋肉質で長身の暁は、諒一が抱きたいタイプそのもの。ある晩、ついに手を出そうとした諒一は、逆に「俺にだって男が抱けます」と押し倒され―。
2巻
好みの男を抱くはずが、酔って逆に抱かれた屈辱の夜―。次こそ自分が抱きたいと機会を窺いながら、年下のカメラマン・暁と同居を続けていた編集者の諒一。けれど暁は貌変した記憶などなかったように、かいがいしく諒一の世話を焼いてくる。この甘やかし上手な男を、もう手放したくない…。体だけと割り切りたいのに暁の存在を無視できなくなっていた矢先、昔別れた恋人と再会して!?同居してセックスしていても、恋人同士なわけじゃない―年下のカメラマン×編集者の恋、オール書き下ろし第2弾。
3巻
元恋人との仲を嫉妬した暁が家を出ていき、独り暮らしに戻った諒一。仕事だけが自分を裏切らない―激しい喪失感を抱え編集作業に没頭していたが、ついに大失敗をしてしまう!!しかもある晩、家を訪れた暁に突然別れを告げられて…!?過去の恋に傷つく臆病な男が、もう一度を愛を選択する―仕事に全力を懸ける若きカメラマンと編集者、二人が見つけた不変の愛の物語、感動の完結。

東急本店のワンフロアが、丸善&ジュンク堂になっていて、店内広々気持ちが良かったです
で、東急近くで多分びーずのいなばさんを見かけたと思うのです、ちなみにみずきいちろうさんもみました
わりと芸能人を見かけることが多いのですが、過去一番嬉しかったのは、当時だいすきだったあかにしくんとこやまくんです
しかも迷惑省みず声をかけた思い出があります こやまくんは握手までしてくれました!
で、話はずれましたが、こちら気になっていたワーキングBLです
恋愛と仕事のどちらの描写もするどくリアルに描かれていて、とてもおもしろかったです!
秀さんは、出版社に勤めていたことがあるそうで、それでとてもリアルに感じることができたのですね
男同士の恋も仕事も本当に良いですよね、もちろん女の人も働いて恋をしてっていうのは今となっては当たり前ですが、やはり男同士の良い所じゃないのかな〜と、恋に仕事に悩んで乗り越えて成就したときが本当に大好きです
では、以下雑感です

まずは、1巻から、とりあえず二人の馴れ初めから始まって、諒一はタチを自負していて、好みな暁をずっと狙っていて、チャンス到来とばかりにおそったら逆におそわれちゃって、結局2回もやられちゃって、でもルームシェアすることになって引け目を感じている暁は、家事全般を担当してくれるのを最初は煩わしく思っている諒一でしたが、居心地の良さを感じるようになっていくのです
その辺の流れと諒一の仕事の描写が混ざりあってテンポ良くスピード感も手伝っておもしろく表現されていました
ですが、過去の経験から諒一は本気の恋はしないと考えていて2巻へ続いていきます

そして2巻です
その大学生のころの諒一のお話で、苦く辛い恋の話から始まります
これは確かに痛くて辛い、人間不信気味にも陥ってしまったという諒一の始めての恋はとても辛いものでした
そして、その相手に再会して振り回されて暁も巻き込まれて、暁との関係もぎくしゃくしてしまって、というところで3巻へ
二人にとって辛い巻になりました

最終巻の3巻は、元恋人の再会で揺れる諒一に、離れていった暁
しかも仕事でも大きいミスをしてしまいどん底な諒一ですが、暁に別れを告げられ旅立たれてしまいます
ひとりになって自分を見つめて遠回りして初めて暁への気持ちを確信する
暁の好きでした、ありがとうも涙して、暁から送られてきた写真の描写あたりで泣いて、そのあとの手紙ではもう号泣でした
本当に、諒一は、臆病な分遠回りしたけど、チュニジアまで追いかけた諒一には、嬉しい!のひとことでした 良かった〜!
過去にも決別できたしね

これぞワーキングものみたいな、仕事の描写がとてもリアルで、そのなかにおもしろくラブが溶け込んでいて、諒一の全てが暴かれて、またゼロからのスタートみたいな、そうとなりには暁が、みたいな
それをテンポよく、ドラマチックに描かれていて、おもしろかったです
暁は、本当に今時の若者にしては良い子でしたね
まっすぐでまじめで家事も完璧、さりげなく空気も読めて、でも仕事に熱心で一筋で、これと決めたらがんこなところもあるけど、基本穏やかで優しい
諒一は、とにかく仕事人間、人を信じず己が正しく、クールにドライで、厳しく、臆病で、自己完結型で、わがままで、でも本当はもっとウエットなところもあって、過去愛したように愛情のある人で、多分愛したくて愛されたくて、ちょっとツンデレ?可愛い人だと思います
あ〜3巻のボリュームがあると大満足できますよね おもしろかったです
そうそう、3冊並べたときの表紙の移り変わりもすてきですよね
諒一の表情も優しくなっていきます そしてスタイリッシュにおしゃれです
懲りずにめげずにただ諒一を好きという気持ちを素直にストレートにずっと伝えていたから、頑なな諒一の心もやっと受け入れることができたのでしょうね
暁の広くて大きくて深くてあたたかい愛情が諒一に届いたのですよね
本当に良かったです!そしておもしろかったです!

BL小説 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>